岩瀬工務店

電話番号

ブログ

富山市 F様邸増改築工事 解体~基礎

2018/05/18

投稿者:ようへい

夏か!

と言わんばかりの気温、じめじめですね。

こんにちわ、パパ2年目のようへいです。

毎朝マイペースな息子を保育園へと送り届けるところから一日が始まります。


5月からお客様の自宅を増改築工事中です。

お風呂、キッチンをメインに間取りの変更、設備の新規設置を行う予定です。

外壁解体!

お風呂を解体!

タイル貼りなのでコンクリートごと解体!

大便器、小便器と別々なトイレを解体!

お風呂はユニットバスにリフォームし、トイレは0.75坪のゆったりした空間へと作り変えます。

雨の始末もしっかりと!

そして増築部分基礎作りの準備です。

型枠を組んで、

鉄筋も組んで、

コンクリート!!!

数日養生します。次は土台を伏せて増築部分の建て方です。


土台、柱、桁、梁についてはすでにキザミを終えているので当日現場に持って行きます。

毎度のことながら、しっかり高さや長さを計算してキザミをしているのですが、

組み上げてみるまでちゃんと組合うのかどうかが心配です・・・。

まだまだ慣れていないので心配ばかりです。

これも経験ですね!

2018年5月18日 1:40 PM | ブログ

冬から春へのシフトチェンジ。

2018/4/5

投稿:ようへい。

4月・・・

それは何か新しく始まるとき。


こんにちわ!

岩瀬工務店、ようへいです!!

4月になりまして、新しい一年のスタートを切った方もおられるのではないでしょうか?

新しい人生のスタート、社会人となり会社勤めになった方、異動や引越しで新天地での生活をスタートされた方、仕事を終え新たな人生を満喫しようとされる方・・・

始まりますねぇ、新しい「何か」。

私どもも外が暖かくなりましたのでお仕事のしやすい季節になってきました。

仕事はもちろん大事なのですが、わたくしようへいには始めなければならないことがあります。

冬は外仕事も減り、事務仕事や設計、春以降に始まる工事の打ち合わせ等体を動かさない日々が続きました。

暖かいお鍋、新年にはお餅もよく食べました。

チョコレートがおいしいのも寒い季節ならではですねー!!

冬に妻からいただいたチョコレートです。おいしかったのですが、何やら隠れたメッセージがありそうなものを用意したものですね。

っと、いうわけでかなり太りました。

数年前までは走り回り、野球やアルティメット(フライングディスク競技)で汗を流していたのですが・・・。

油断していましたね、一冬で5kg増量です・・・。


4月は新しい何かが始まる時期です。

私は1年近くしていなかった運動をこの4月よりスタートしています。増えた5kgをまるまる減らすことを目標に!!

思い切って何かを始めてみるのはいかがですか?

 

2018年4月5日 4:51 PM | ブログ

あっ!・・・という間に。

2018/3/27

投稿者:ようへい

2018年ですね!

あけましておめでとうございます。

干支も変わり「酉(とり)」から→「戌(いぬ)」になりましたね!!


丸一年ぶり(プラス3ヶ月ほど経ちますが・・)のブログを今書いております。

2017年はおかげさまで仕事の充実した一年となりました。

・・・というのをブログ更新できなかったいいわけにして。

2018年は大雪でスタートしましたね!

皆さん仕事してるのか、雪かきしてるのかわからない日々が続いたものと存じ上げます。

しかし!ここ数日は20℃前後の気温が続きますので冬が終わり、富山県内は春へと以降したと思われます。

さぁ、ここからが本題です。

一冬越えた住宅はわりと痛んでいるところがあるのです。

そこでいくつか痛む箇所の紹介をしたいと思います。

こちらは住宅正面に位置する外壁です。

出角の部分がボロボロと崩れています。

ポーチ屋根(下屋)に雪が積もって時間が経ち、外壁の中へと浸水してしまったのが原因のようです。

水は凍ると体積が膨らんでしまうため、窯業系サイディングのように繊維を接着して作り上げているものは

浸水してしまうとこのようにめくれあがってボロボロになってしまうのです。

早急に修繕が必要な状態です。

こちらも似た症状です。角のサイディングがボロボロになっています。

さらにサイディングとサイディングの間の目地コーキングがカチカチに固まってしまい隙間ができています。

そうしたところから浸水してしまい外壁がボロボロと崩れているのです。

さらに浸水によりこのように別の部分にまで被害が及んでいます。

早急に修繕が必要になります。


いかがでしたか?

なんてことのない一つの傷で大事な住宅に大きな被害をもたらすことがあるのです。

一度点検してみてはいかがですか?

2018年3月27日 3:05 PM | ブログ

A様邸改装工事(屋内)

12月20日(火)

ぐっと寒くなりましたね、チラホラ雪も降っています。

今年もあと数日です。

皆さん、やり残したことはありませんか?

 


 

%e6%94%b9%e8%a3%85%e5%89%8d

改装前のリビングダイニングキッチンです。

せり出している壁で圧迫感がありますね。

それをこちら↓のように作り変えました。

%e3%83%aa%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0

壁を壊して柱をとりました。

床面積はほぼ変わらないのに広々とした空間になりました。

%e9%a3%be%e3%82%8a%e6%a3%9a

壁に飾り棚を設置しました。

お客様はここに、好きなお酒を置かれるそうです。

%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3

キッチンはアイランド形を採用しました。

%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%ef%bc%92

奥行きのある広々としたキッチンになりました。

%e9%a3%be%e3%82%8a%e6%a0%bc%e5%ad%90

こちらの壁には手作りの飾り格子を取り付けて白の空間にアクセントを出しています。

ご高齢のお父様、お母様のために手すりも取り付けました。

%e3%82%a6%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89

キッチンの後ろは西側なので調光しやすいウッドブラインドを設置しました。

%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac %e6%89%8b%e6%b4%97%e3%81%84

トイレは一坪サイズに作りなおし、手洗い器を設置しました。

%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%90%e3%82%b9

%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%90%e3%82%b9%ef%bc%92

お風呂を広い(1.25坪)ユニットバスへと作り変えました。

%e8%84%b1%e8%a1%a3%e6%89%80

脱衣所に洗濯機、洗面流しを設置してあります。

大きな設備を二つ置いても狭くならないよう、広め(1.25坪)に作ってあります。


高さの都合、小屋組みの関係でなかなか時間がかかってしまいましたが、ここまで形になりました!

あとは外部の土間コンクリート、テラス部分を仕上げれば完成となります。

投稿:ようへい。

2016年12月20日 3:05 PM | ブログ

H様邸玄関改装工事。

9月23日(金)

どこに行ってしまったのでしょう、今年の「残暑」。

おかしいですねー。

毎年9月なんて「夏の延長戦」みたいなところがあったのですが、今年は残暑もなくがやってきました。

「暑くてだらける、外に出る気が起きない」といった症状には陥りませんが、急激な気温の変化で体調を崩したという方も少なくないはずです。

今年は早めの衣替えをしましょう!


 

7~8月のお仕事を紹介します。

%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e4%b8%ad

以前にもリフォームをさせていただいたお客様宅の玄関改装工事です。

昔ながらの玄関で上り框の高さが約30cmあります。

%e7%8e%84%e9%96%a2%e6%ad%a3%e9%9d%a2%e5%89%8d

地面から廊下の床まで数段ありますが、高さがバラバラで少し上りづらいです。

高齢のお父さんもおられるので、手すりがありスムーズに上り下りのできる玄関へとリフォームします!

%e7%8e%84%e9%96%a2%e6%ad%a3%e9%9d%a2%e5%be%8c

おぉー。

割れてはがれていた玄関タイルは取り除き、新たに土間コンクリートを打ちました。

鉄製のポーチ柱もサビてボロボロになっていたのでこの際にアルミ製柱へと取り替えました。

欄間つきの四枚引き違い戸は、高さ220cmの大きな引き違い戸へと交換。

%e6%89%8b%e3%81%99%e3%82%8a%e5%be%8c

玄関内部です。

高さのあった上り框の一部を解体し、段差にしました。

地面から廊下までの段差を均等にし(高さ14cm)、手すりを設けて上り下りの負担を軽減させてあります。

玄関の内壁には新たに白色ベースのクロスを貼り、玄関内部が明るい空間へと変わりました。


 

今回の工事では私も図面を考えさせていただきました。

現場の測量、お客様との打ち合わせ、プラン作成などなど…。

しかし思った通りにいかないのがリフォーム。

実際に中を見てみないとどんな作りになっているのかわからないし、どうにもならないことだってあるかもしれない。

でもそこで「どう工夫するのか」、そして「ピタッとおさまった」ときの気持ち良さ。

これがリフォームの醍醐味であり、職人の腕の見せ所ですね!

これからもどんどん経験して、自分の技術、知恵を身につけていこうと思う30代のスタート地点でした。

投稿:ようへい。

2016年9月23日 5:21 PM | ブログ

取替え~現段階:A様邸増改築工事。

9月20日(火)

見えぬところ、スキが生ず。

%e5%9c%9f%e5%8f%b0%e5%8f%96%e3%82%8a%e5%a4%96%e3%81%97

何やら物々しいですねー。

床を解体していると、土台の一部に腐りかけているところがあったのです。

そのままにするといつか崩れてしまうこともあるので、その部材を取り替えている最中です。

幸い平屋部分だったので、ジャッキを使い角材で梁を柱ごと持ち上げています。

もちろん屋根はそのままにしてあります。

柱から上全てを持ち上げて腐っていた土台を取り外し、新しい土台を設置しました。

これにて、一件落着。


 

現在増築部分の新たな部材を刻んでいる最中です。

%e3%82%ad%e3%82%b6%e3%83%9f

今は木造住宅の新築の部材加工はプレカットでの工場生産が主流です。

時間がかからないのが一番のメリットですね。

しかし!

「手に職」

という言葉があるように自ら測量し、計算し、こうやって自分で部材を切って削って、彫るのも大事な仕事の一部であると私は思います!

家づくりに間違いのないマニュアルなんてものはありません。

地道なことでも自ら調べて、考えて、作り上げる仕事自体が

何より「自分の財産

であると思います。

そんななかで身についた知恵や、技術が「家づくり」の基礎となっていくのですから。


 

まだまだ頭を悩ませる部分がいくつも出てくるような予感がします。

しかし!それに対応できてこそ

職人

というものではないでしょうか?

まだまだ経験の浅い私、毎日が勉強です。

投稿:ようへい。

2016年9月20日 5:35 PM | ブログ

断熱材:A様邸増改築工事続き。

9月20日(火)

「家は雨風がしのげればいい」

・・・確かにそうなのですが、やはり寒い暑いといった環境の変化によって体調が崩れるのは良しと言えませんね。

寒くてストーブを点ければ暖かくなる、暑くてエアコンを点ければ涼しくなる。

メリットもあればデメリットもある。

光熱費、燃料費がかかってくるのはもちろん、使用しすぎるとそれはそれで体に異常が出てしまう。

ならば、どうするか?


 

%e5%ba%8a%e4%b8%8b%e5%9c%b0%e6%96%ad%e7%86%b1

方法の一つとして「断熱材」による暑さ、寒さ対策です。

簡単に言えば発泡スチロールのようなものですね。

建物でいえば外気の触れる外壁の中、太陽光を受ける屋根の下、地面側に面する床の下。

こういったところに隙間なく取り付けると外気温の影響を軽減することができます。

さらには室温の変化も少なくすることができます。

つまり、冷暖房器具の使用を抑えられるので、快適な空間作りにつながるのです!


しかしときには、その断熱材がしっかりと施工されていないことがあります。

必要な大きさで使われてなく、隙間が空いていたり、しまいには外れてしまうこともあります。

そうなってしまうと効果は発揮されません。

そこで一工夫するのです。

%e6%96%ad%e7%86%b1%e5%8f%97%e3%81%91

床を支える大引きと大引きの間(部材間、約910mm)に、架けて取り付けてある断熱材が落ちてしまわないように間に材木で受けをつけます。

こうするだけでも断熱材が外れるのを防いでくれるので、効果が長持ちします。

ほんの一工夫ですが、これも大事なことなんですねー。

5:09 PM | ブログ

A様邸、増改築工事スタート。

9月20日(火)

これは一体どうしたことだろう・・・。

先週まで「まだまだ夏は続くなー」と思っていたのに、

現在富山県内の気温は20℃!!

ドドドッと気温が下がりいきなり秋になったようです。

南日本では台風が猛威を振るっているそうです。


 

8月より新たにA様邸の増改築工事が始まりました。

水周り中心の工事となります。

%e8%a7%a3%e4%bd%93%ef%bc%91

天井、内壁、床を解体します。

床は一度リフォームしてあり、フローリングが二重貼りになっていたので解体に手がかかりました。

%e5%ba%8a%e4%b8%8b%e5%9c%b0

長年の使用により床の浮き沈みがあったので、床の水平を整えて床下地(根太、構造用合板)を再配置します。

高齢のお父さん、お母さんがおられるので、段差の少ないフラットな空間に仕上げます。


 

筋力は男女問わず20代を境に衰える傾向にあります。

特に下半身は上半身よりも衰えるのが早いです。

思ってもいない段差でつまづく、いつもの段差の上り下りにも疲れてしまう・・・。

こういったことは誰にでも起こる症状なのです。

衰えぬよう維持する努力も必要ですが、

いざというときに自らで実感した場合に無理をせず受け入れることも必要なのです。

「がっくりと肩を落とす」のではなく、「ならばこうしていこう」と新たに気づき、行動できるのが私たち人間です。

投稿:ようへい。

4:31 PM | ブログ

白と黒のコントラスト。

8月8日(月) 投稿者:ようへい。

なかなか北上してこなかった梅雨前線、そのおかげか梅雨明けが発表されるのも遅かった富山県です。

皆さん、暑いからって室温24℃とかになってませんか?

室温と気温の差が大きいと体への負担が逆に大きくなりますよ!

エアコンの設定温度は27~28℃で暑さに耐える強い体になりましょう!!


 

先日行った工事を紹介します。

 片持ち梁バルコニーの修繕工事です。

「雨漏りしていそう」というところから始まったのですが、片持ち梁でせり出したバルコニーが重みで下がってきたことが原因でした。

それにより破断した外壁の目地部分から水が入っていたようです。

笹岡柱

まずは下がって落ち込んでいたバルコニー自体をジャッキで持ち上げます。

そこに補強としてアルミ製柱を建てます。長さがあるので間にも1本建てます。

土台は土を掘り起こして下地をコンクリートで固めた強固なものにしてあります。地盤強化と支える力を強くするためです。

白ベースの外壁に黒い柱が際立ちますね!


 

技術が進歩しても「一生もの」というものはありません。

長年使い続ければ痛みがでますし劣化していきます。

ものによってはそれが良いアジになったりもするのですが、、、

家や物だけでなく、それは人間にも言えることです。

今良ければ、涼しいところに居られればと思わずに、まずは暑さに負けない体作りから始めてみてはどうですか?

2016年8月8日 11:03 AM | ブログ

車庫、外壁修繕。

今年は暑くなると言われていた夏がやってきました。

皆さん、冷やしすぎた室内から急に暑い外へと出て体調を崩していませんか?

室温の設定は低くしすぎないように、エアコンを27℃に設定しましょう。

外気との差が少ないほどバテにくい体が作れますよ!


長く間が空きましたが以前に修繕した現場を紹介します。

修繕前

依頼主のお客様宅は右側です。

敷地境界のコンクリート壁、基礎コンクリート、外壁、内壁、シャッターが破壊されてしまったそうです。

カーポートではなく住宅と一体になったビルトインガレージであったので、修繕するために社長と頭を悩ませました!

その結果、写真に写る外壁側の軒桁をジャッキで持ち上げるという大きな工事となりました!

シャッター、左側壁

はい!ばっちりですね!!

破損した基礎コンクリートはすべて取り除き、新しくコンクリートを打ち直しました。

外壁は修繕部分との見た目に差が出ないように正面、側面の二面をやり直してあります。

シャッターも同じものを新しく取り付けなおしました。

住宅の外側が新しく変わると新居のようなワクワク感が出てきますね!!


 

あるものをいかに使うか、外せないものをいかに生かすか。

頭を悩ませてどうやるか考えるのがリフォームですが、それがまた「職人魂」に火をつけますね!

困難に立ち向かう、、、いえ、困難を「よし、こうしてみよう」と楽しめることこそリフォームの楽しみでもありますね!

 

10:05 AM | ブログ

ページの先頭へ
資料請求はコチラ
お問合せはコチラ
ソーラーサーキットの家
お電話でのお問合せ
FAXでのお問合せ